【考察】かわいい魔法少女ランキングTOP5「魔法少女(?)マジカルジャシリカ ☆第壱磁マジカル大戦☆」

こんにちは、野分いちかです。

皆さん、現在、絶賛公演中の「舞台版 魔法少女(?)マジカルジャシリカ☆第壱磁マジカル対戦☆」をご存知でしょうか?


f:id:nowaki-ichi:20190316115438j:plain


知らない方も、タイトルから「魔法少もの」であること、そして、マジカル大戦とあるように、 魔法少女が大勢で戦うことはすぐに分かるかと思います。 この舞台はその通り、魔法少女がたくさん出て戦う物語なのですが、 魔法少女がたくさん出るということは、必然的にある1つの疑問が出てきませんか?

「どの魔法少女が一番かわいいのか?」

この疑問に対して、これまでの公演を観ながら、私の独断と偏見をベースに考察しましたので、 勝手にランキング(TOP5)を発表したいと思います!

(完全に個人の考えなので、コロモチ様のようにバーカ、バーカって言いながら、気軽に読んでください)

あと、舞台のネタバレがあるので、観劇してから読んでください。









第5位

スペイン代表「バルセロットルール」!



端正な顔立ちで正統派の美しさとかわいさでバルセロットルールが5位にランクイン!

情熱の青のドレスが魔法少女としてのかわいさを引き立てていました。

舞台上での立ち居振る舞いは男っぽいところが出ているところもありましたが、 どんなに叫ぶところでも言葉遣いは乙女のままというところでポイントを堅実に稼ぎ、5位の座に輝きました!





第4位

バチカン市国代表「バチカンジャンケン」!!



バランスの良いかわいさ、そして、隙のないかわいさでバチカンジャンケンが4位に躍り出ました!

見た目、立ち振る舞い、言葉遣い、声色どれも高いレベルで魔法少女のかわいさをバランスよく表現されてました。

バランスだけでなく、ジャンケンという子供らしさのある技を持っている点も少女感を高めていて、評価が高いです。

しかし!コロモチさまをお守りするという使命が、バチカンジャンケンに執事としての"格好良さ"をとても高めてしまい、 それが魔法少女のかわいさを相殺されてしまう事態となりました。

そのため、4位に納まってしまったという感じが否めませんが、大きなハンデを背負いながらも、この順位というのが、 バチカンジャンケンのかわいさの証明になっていると思います。






第3位

日本代表「ジョポニック山寺」!!!



ジョポニック山寺が日本代表の意地を見せて3位にランクイン!

和風の衣装がめちゃくちゃかわいく、魔法少女としてのかわいらしさをしっかり持っているところが評価されました! 腰の大きなリボン、肩出し、黒タイツといった要素で十分にかわいさが高められており、 魔法少女のかわいさというものに正面から答えを提示している点がとてもポイントが高いです。

ただ時折、山寺裕大くんが出てきてしまい、かわいらしさがそこなわれてしまうケースが見られしまい、 そこで大きくポイントを落としてしまったのが残念です。

しかし、ちえみちゃんを魔法少女にしたくないと葛藤して揺れる心で少女感を演出することで、 ポイントをキープし、表彰台に上った実力はさすがといった感じです。







第2位

アメリカ体表「アメリカンカンカーン」!!!!



あんなにおっぱいに執着していたアメリカンカンカーンがまさかの2位という驚きの結果になりました!

アメリカンカンカーンは男の下心を持っていましたが、それに真摯に向き合って、最終的に克服したことが高い評価につながりました!

体格的に不利な面もありましたが、片側の肩をだしたり、絶対領域を用意したりで、しっかりカバーしていました。

言葉遣いや立ち振る舞いも隙がなく、少女が積み上げられており、他の国の魔法少女に対して、気遣いもできる点などで、 着実にポイントを稼ぐことができました。 欠点をしっかりプラスに変えていくことで、かわいさを積み上げたアメリカンカンカーンの姿勢がこの2位という素晴らしい結果につながりました!








そして、栄冠の第1位は!!!




















第1位

中国代表「チャイニーロケッツ」!!!!!



圧倒的かわいさで見事ナンバーワンの座に輝きました!おめでとうございます!

まず、見た目ですが、目元を赤くするメイクが似合っていて、髪型もお団子でかわいさを着実に積み上げています。 衣装のチャイナドレスは長袖で露出少な目なのですが、その分、足を大きく開いて低い姿勢になっているときに、 見える足がセクシーで審査員の高評価につながりました。

また、表情や仕草もとてもかわいらしく、ロケッツの微笑みは爆弾級の威力でした。アリガトウゴザイます! 仕草としては、目立った女の子らしいポーズなどはしていない印象ですが、 腕を組む、手を腰に当てるといった何気ないポーズに、女の子らしさが感じられ、 その滲み出るかわいさを持っている点もポイントが高かったです。

言葉遣いも終始乱れることはなく、他者に対する気遣いもあり、隙を見せませんでした。

また、ジンジャーとの幼馴染設定が魔法少女ものの女友達のような感じで、女の子の友情という枠に納まっていたのも高評価でした。

「身長の高さや声がイケメンという分かりやすいマイナスポイントもある」という意見がありましたが、 「ここまで完成されたかわいさの前では無視できる」「スイカに塩をかけるように、むしろそういった要素がかわいさを引き立てている」 という意見に賛同が集まり、全会一致で第1位という結論になりました。

第1位おめでとうございます!そして、素敵なかわいさをありがとうございます!




その他の魔法少女

惜しくもランキング外となってしまいました魔法少女についてここで紹介したいと思います。


■ソレンジャーアクセス


かわいさポテンシャルはTOP3を狙えるものを持っており、M字開脚などでポイントを稼いだものの、 男らしい所作が目立ち、最終的にピースを殴ったことで、稼いだポイントをふっ飛ばしてしまったのが残念で仕方ないです。

ピースの言う通り、「魔法少女になっても性根は腐った(男の)まま」という評価になりました。

■フランダッシュ淳


ヤッターメンを配る相手に立て続けに女性を選んだことで、男の下心の印象が強く残ってしまったのが敗因となってしまいました。 女の子が好きな女の子という雰囲気を出すことに成功していれば、TOP5入りは確実だったと思われます。

情緒不安定なところも、かわいい印象よりもやべーやつという印象を強くしてしまい、ポイントを伸ばすことができませんでした。


■ケニアンモジモジ


衣装の露出度の高さや髪を結んでいるところなど地味に工夫は見られるものの、持ち前の気持ち悪さが全面に出てしまい、 かわいさポイントを稼ぐことができませんでした。

アメリカンカンカーンに胸を(直に)触らせるという大胆なアピールもしましたが、気持ち悪いだけでかわいさにはつながりませんでした。



■ブラジリアンタカオモン


タカオモンの持つかわいさのポテンシャルは高いが、それが魔法少女としてのかわいさという判断がされなかったことで、 今回ランキング外となってしまいました。

ランク外は残念でしたが、タカオモン誕生日おめでとうございます!




最後に

ここまで好き勝手書いた文章を読んでくださり、本当にありがとうございます。

観劇中にふと冒頭の「どの魔法少女が一番かわいいのか?」という疑問が頭に浮かび、考えた結果がこれです。

魔法少女のかわいさという点に着目すると、また違った視点でジャシステを楽しむことができて、面白かったです!

まだ、公演はありますので、観られる方は、是非、魔法少女のかわいさに注目していただきたいです!


ここまでスルーしてきましたが、ちゃんとした魔法少女(元々少女)の皆さんも本当に可愛いです!(衣装も素敵)

ただ、残念ながら可愛すぎて、甲乙つけられないため、ランキングは作成できません。ご容赦ください。

【感想】ドラマデザイン社『ゲートシティーの恋』(Aチーム)

こんにちは、野分いちかです。

というわけで、小泉萌香さんが出演されている『ゲートシティーの恋』を観てきました(導入が雑)

イベント概要

イベント名: 『ゲートシティーの恋』
日時:2019年2月3日(日)12:00 ※千秋楽公演(Aチーム)
会場:下北沢「劇」小劇場
出演:小泉萌香、鈴木つく詩、天音里菜、深澤萌瑛、松村玲、小山更紗、宮内杏璃、塚瀬香名子、吉田あかり、桜城りのん、琴子、三嶋悠莉 ※Aチーム

あらすじ

以下、ドラマデザイン社さんのWebページのあらすじです。

環境汚染された近未来の都市に、遺伝子選別されたエリート達が暮らす壁に囲まれた「ゲートシティー」がそびえている。シティを守る女性士官候補生・美博は、ゲートの外のスラムから、病の妹のため「いのちの盾」盗みにきた輝人と戦い、撃退する。しかし、輝人は美博に強く惹かれ、たびたびゲートに侵入するようになる……。

引用元 舞台「ゲートシティーの恋」情報

「ゲートシティーの恋」は引用元にあるように初演が2016年、再演2018年、そして今回2019年に3回目の公演となる人気作で、「ロミオとジュリエット」をモチーフにした近未来の世界のお話です。
出演者は全員女性で、AチームとBチームの2つのチームで公演を行ってました。(一部のキャストはA・B両方に出演)

私はAチームの公演に参加しました(Bチームも観たかった…)

感想

本当に本当に素敵な舞台でした!!!

千秋楽以外何回か観させていただいたのですが、観る度に、新しい魅力に気づき、「ゲートシティーの恋」のことがより好きになって、とても感動するようになってました!

この舞台を観ることができて本当に嬉しい!心からそう思った素敵な舞台でした!

印象に残ったシーン

とりあえず、覚えてる限りつらつらと書きだしていきます。まとまりがなくて申し訳ないです(でもやる)

最初の朗読

もう最初から好きです!美博と輝人の朗読が雰囲気や声が良くて、この時点でグッと舞台に引き込まれました!

最初に観たときは、2人がキラキラしていて、すごく期待が高まりました!(その後の展開は期待を超えていきました)

美博さん可愛いし、輝人イケメンやん。小泉さんの輝人の姿を初めて観たとき、男役に違和感がなくて驚きでした!

このシーンで一つ気になったのは、中央に置いてあったカメラに写った写真は誰だったのでしょうか? 美博役の鈴木さんの子供の頃とか?(優しい人教えてください)

ゲートシティーの外のシーン

咳き込むひかりを治療してもらうためにドクターを引っ張ってくる輝人からのシーンが勢い良くて好きです!ドクターのドタバタ感が本当に好き

4日目の公演では、勢い良すぎてドクターの草履が吹っ飛んでましたが、いい感じに拾ってリカバーしててさすがでした!笑

千秋楽のときは、ドクターの勢いに合わせて、輝人も勢いよくドクターに向かっていたのが印象的でした!

酒のためにドクターはゲートの外に来てるって言われてましたが、絶対輝人たちのことが心配で面倒見るために来てるやつでしょと勝手に思ってます笑

ゲートシティーに侵入するとこ(M1?)

ミュージカル要素あるとは知ってましたが、めちゃくちゃ良かったです!最初の小泉さんのソロに圧倒されました!

そして、他のキャストの方も歌が上手くて、びっくりしました!

ダンスもキレキレでステージと客席が近いのもあり、すごく迫力がありました!

候補生の入学

篠宮教官が命の盾を配るところで、沙里花が制服の上からでなく、直接腕につけてるのが気になりました(おしゃれを気にした?)

沙里花が篠宮教官をにらみつけるときの眉毛の動きが好きでした!(これが書きたかっただけ)

ゲートシティに侵入した3人

ここでヘタレになる冬馬が好きです。その割に「みんなで帰るんだ」とかいういいやつで好きです。

石を投げるソラの気合いの入った声が好きです。「そういうのは打ち合わせしてからにしてよう」とビビる冬馬が好きです(語彙力がなさすぎる)

輝人と美博の出会い

輝人の死んだふりが下手くそなところ、美博が士官候補生と答えちゃうところ、美博が腕をガン見して命の盾がバレるところの少し抜けてる感が、 美博の顔を確認するところにつながっている感があって良かったです。

美博の顔確認するところで、ナイフで脅しながら、「笑ってみ」、「振りむいて舌を出せ」と言うところのちぐはぐ感はいつ見ても面白かったです。

千秋楽では、美博に「振りむいて舌を出せ」をやり返されたときに、輝人がまさかの舌出しダブルピースしてたのが、めちゃくちゃ面白かったです!笑 

美博にカメラを返した後、「私の写真しかないじゃない」と言われたときに、輝人がアドリブで「ネコの写真とか…」と言ってたのが好きすぎる

動悸がするやつ(M2?)

この曲は恋に落ちていく心情を歌ったものだと思っているのですが、「甘い毒が全身を駆け巡る」みたいな歌詞があって、なるほどと思いました。

篠宮教官が「外の人間は毒と思いなさい」的なセリフを思うと、美博は輝人という甘い毒に侵されて(恋に落ちて)しまうのかみたいなことを考えてました。

2人が名前を交換するところ

「輝人だよ、名前」と「美博(消えそうな声)」の名前の言い方が本当に良くて好きです。以上

春よ逃げないで(M3?)

どうしてもストップモーションを観てしまうマンです。千秋楽で気づいたのですが、ソラ役の小山さんが片足立ちの状態でストップしてて、驚きでした!(しかもちゃんと止まってる!)

もう一つ、千秋楽でドクターの酒の瓶から水滴が落ちてたのが面白かったです笑(止まってるのに水滴ぽたぽたしてるのがシュールですごく好き)

全員で歌うところは声の圧に鳥肌が立ちました。本当にみんな歌が上手くて素敵でした。

アンドロイド関節体操

突然始まったので、何事と思いましたが、ひたすらに楽しくて好きです!

みんなめちゃくちゃノリノリですごく座組の仲の良さを感じました!

みんな仮装してたのですが、小泉さんは狼の着ぐるみだったので、確かに「犬じゃねえ」と謎の納得をしてました。

美博を送り出すノエル

「愛は言葉ではなく、行動なのよ」の名言を聞いて、もしや鼓動と行動をかけているのでは、というよく分からない邪推をしました。

美博の「必ず迎えに行くから」のセリフが、最後のノエルと輝人のシーンにつながっているのに、ジーンとしました。好き

アンドロイドに愛はインプットされていないと言いつつ、美博を送り出すノエルには確かに愛を感じました。

豆知識のコーナー

本当に好きです。毎回楽しみにしてました!

千秋楽の「バナナの黒い部分ってなんて言うかしってる?シュガースポットっていうんだって」「まじでばなナイスじゃん」「ばなナイス♪」はぶっこみすぎて面白すぎました笑

その後、すぐに本編に戻ってシリアスな演技に切り替わっていたのがさすがでした。

2人の再会

「美博に会えると思ったから」(2回目)を言った後に、後ろ向いて、照れる輝人が可愛かったです!おでこ触ったり、鼻の下こすったりの仕草もイイ

キスした後におでこをくっつけて笑いあう輝人と美博の幸せな表情を観たら何も言えない...

拷問タイム

「変なズボン履いてんじゃねーよ バーカ!」はどうしても笑ってしまいます。

電流を食らう輝人が勢いよく倒れるので、本当に驚きました!(ケガしないか心配でした)

最後、新川さんが美博を撃とうとするのが、「恋愛の頂点は殺人」を自分自身で証明していて、儚かったです。その後、輝人に刺されてしまうところも、 「愛は人の手に負えない」というのを新川さん自身が体現していて、新川さんは愛の被害者という感じが悲しかったです。沙里花と幸せになって欲しかったです。。 新川さんの最期のセリフが本当にグッときます。

美博撃たれる

沙里花が美博を撃った後の「私はここまで人を愛せない」というセリフが本当に良くて一番好きなセリフです! 新川さんにあんなに疎まれながらも、一途に愛しつづけて、最後には美博を撃ってしまうほど、沙里花は新川さんを愛していたのに、 このセリフが出てくるのが本当にすごい。このセリフが美博の愛が深さを一層強めている、そんな気がしました。そして、何より天音さんの演技が素晴らしかったです。 ここのシーンは毎回泣かされてました。

その後の美博が願うシーンはもうだめ。胸が感情でいっぱいになります

ノエルと輝人(美博)の再会

日替わりのカレーシリーズ面白かったです笑 ムカデカレーが一番ヤバいと思う。サソリカレーを「美味しいよな」と千秋楽プッシュしてたのが地味に好きです。

輝人の鼓動(美博)に気づくところのノエルが本当に好きです。その後の輝人の「美博と一緒に生きていく。静かに戦う」宣言で救われた気持ちになりました。

ラストシーン

ラストの曲でゲートシティーの中と外の人が交互に手を取り合って、壁がなくなる日が来ると思うと、良かったと思います。壁を壊す輝人の戦いも観てみたいです。

カーテンコール

新川役の深澤さんと沙里花役の天音さんが手をつないで挨拶してて、うるっと来てしまいました。

小泉さんの挨拶に他のキャストの方から突っ込みが入ったりして、座組の仲の良さを感じました!

最後に

力尽きたので、一旦ここまで。後日、整えたいと思います(整えなさそう) あと、やっぱりBチームも観たかった・・・



【感想】五反田タイガー 5th Stage『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』

こんにちは、野分いちかです。

というわけで、富田麻帆さんが出演されている五反田タイガーさんの舞台『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』を観てきました(導入が雑)

f:id:nowaki-ichi:20190120233508j:plain

イベント概要

イベント名: 五反田タイガー 5th Stage『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』
日時:2019年1月20日(日)16:00 ※千秋楽公演
会場:銀座博品館劇場
出演:東ななえ、清水麻璃亜、高橋胡桃、軽辺るか、齋藤里佳子、小嶋菜月、竹内舞、岡本尚子、梨子、村野真菜、平口みゆき、伴優香、富田麻帆、他

あらすじ

以下、チラシビジュアルからのあらすじ(抜粋)です。

ある日、アベフチ・カムイが人間界から一人の少女を連れてやってくる。

その少女は「私も女神になりたい‼」

女神たちに強く憧れる彼女に、手取り足取り「神とは?」と、教える女性神たち。

そんな時、イタズラのつもりでうっかり彼女を石にしてしまったメデューサ!!!

女神たちは大慌て!!

女性神たちは少女を元に戻し人間界に送り返すことができるのか!?

引用元 5th Stage『OH,MY GODDESS‼︎〜あなたが望むなら〜』チラシビジュアル公開‼︎

あらすじにある通り、女神たちのドタバタコメディストーリー!

と、思ってしまいますが、なんとそうではありません!!!観た人は分かりますが、本編の物語は全然違っていたので、このあらすじをみて驚きました。
メデューサさん、絶対イタズラとかしない暗い感じの役でしたし!(あのキャラでイタズラするメデューサさんは見てみたい)
本当はどんな話だったか気になる方はDVDを買いましょう(謎の宣伝)

開演前

博品館劇場に到着して中に入ると、まず熱気がすごかったです。
ロビーに人が溢れていていて、物販や缶バッジガチャなどで並んでいる人や話している人が多くて、とても賑わっているのを感じました!
そして、開演前の前説では、ペンライトを客席に売りにきて、ライブを披露する一連の流れが勢いがあって、新鮮でした。というか、前説で歌い始めるのに驚きました!(前説とは一体)

本編

ドタバタ感が本当にすごい!あらすじにあるドタバタ成分は本物でした笑 そして、熱くて勢いがありました!
博品館劇場のステージに30人くらいのキャストがいるだけで、わちゃわちゃ感が強いのに、話の流れも同じネタを何回も重ねてきて笑わせてくるので、勢いがハンパなかったです!
よく分からないですが、初めて観るのに体力が必要な気がした舞台でした。それくらい、盛りだくさんな感じでした(歌やダンスもありましたし)

物語はそれぞれの女神の登場シーンでドタバタしつつ、メデューサの正体が徐々に明かされていくシリアスな展開のバランスがよくて、とても面白かったです!
正直、泣くとは思っていなかったのですが、「あなたが望むなら」のタイトルを回収するシーンは涙が流れてました。個人的に救いの物語が好きなのですが、そのパターンにしっかりハマってグッと来てしまいました。
特に、メデューサに救いを求めさせるところがとても好きです。「信じる者は救われる」という言葉の通り、自分を「信じる」ことでメデューサが救われたのが本当に良かったです!

富田麻帆さんのヘルメスは選択の女神ということで、「あなたが望むなら」を言う前のシーンで、うなだれるメデューサに座りながら語りかけているシーンが印象的でした。メデューサに寄り添いながらも、「信じる」という選択をメデューサ自身にさせるバランス感が良かったです。
そして、ダンスのキレがヤバい!スタァライトでは観ないような激しいダンスでしたが、自分の身体を意のままに動かしてる感がすごかったです。

あと、ヴァルキューレさんが翼取られてみんなでダンス→アストレア一人でダンスの流れは分かっていても面白かったです笑

最後に

カーテンコールでは、五反田タイガーさんのアットホーム感にほっこりしてました。今回、五反田タイガーさんの舞台は初めてだったのですが、とてもいい劇団だと感じました!
パンフレットに「信じる」がテーマと書かれていたのですが、そのテーマがしっかり伝わる素敵な舞台でした!ありがとうございました!

【感想】【爆走おとな小学生】 第八回課外授業 『CRIMINAL』

明けましておめでとうございます、野分いちかです。

いつの間にか2018年が終わり、2019年になっていました。ブログを開設してから、色々とイベントに参加していたにも関わらず、感想を書けてない状態だったので、今年は心機一転、イベントに参加した日のうちに感想の記事を書くことを目標にやっていこうと思います!

というわけで、2019年の最初は、富田麻帆さんが出演されている爆走おとな小学生さんの舞台『CRIMINAL』を観てきました。

f:id:nowaki-ichi:20190106213418j:plain

イベント概要

イベント名: 【爆走おとな小学生】 第八回課外授業 『CRIMINAL』
日時:2019年1月6日(日)16:30 ※千秋楽公演
会場:新宿村LIVE
出演:川隅美慎、河原田巧也、栞菜、吉村駿作、あかり、野々宮ミカ、白石みずほ、新井雄也、斧口智彦、重友健治、こうのゆうか、林千浪、山田裕太、永田彬、富田麻帆、足立英昭、髙木俊

あらすじ

以下、公式サイトのあらすじです。

ある日一ノ瀬百合という女性が殺害された。

「優人…百合が…!」

その一本の電話で動き始める、2人の運命の歯車。

犯人を追うに連れ、新たに繋がり始める2つの事件。

真犯人は誰なのか。その目的とは一体…。

謎と裏切りを重ねたサスペンス!

「人が人でいられなくなる瞬間って知ってるか…?」

引用元 CRIMINAL|爆走おとな小学生

あらすじにある通り、一ノ瀬百合が殺害された事件と女学生連続殺人事件の2つの事件の真相を突き止めるサスペンスでした。

いろいろ感想

全然犯人が分からず最後まで楽しめました。
犯人が左利きというところから、誰が左利きか気にしながら観てましたが、ボールを投げ返すシーンは日替わりっぽいやり取りに笑ってスルーしてました。。
今回、千秋楽のみ観劇だったのですが、これは2回観たかったと思いました。真相が分かった上で、答え合わせしながら観て楽しみたかった。。(DVDを買いましょう)

個人的に「人は心の奥では何を考えているかは分からない。上辺だけで一喜一憂してる」みたいなセリフが刺さりました(うろ覚え)。日常生活では物語のように裏切られることはないですが、そうだよなぁと同意の気持ちになりました。人の心は分からないので、これからも上辺だけで一喜一憂していくんだなぁ

富田麻帆さんの演じている役が女子大学生の一般人で新鮮でした笑 天堂真矢以外で麻帆さんを舞台で観たのが、『こっちにおいで、ジョセフィーヌ』や『勇者セイヤンの物語』で、テンションが壊れたパワフルなお母ちゃんのイメージが強かったので。 麻帆さんの演じる女子大生は清楚でいい子で可愛かったです。

あと、日替わりネタのヤクルトのくだりがめちゃくちゃ面白かったです!ストーリー自体が重い感じなので、日替わりコーナーでの笑いがいいアクセントになっていて良かったです。

最後に

ダブルカーテンコールの挨拶で二面性の話が印象に残りました。二面性がある人は魅力的という話だったのですが、役者の方が魅力的なのはそれがあるんだろうなと改めて思いました。舞台の役を演じているときと、カーテンコールでの素のときで、まさに今、二面性があるなぁと思いながら聞いてました。
いろいろと考えさせられるものがあり、2019年の最初の舞台がCRIMINALで良かったと思います!今年もいろいろな舞台を観ていきたい気持ちになりました!素敵な舞台ありがとうございました!

【感想】小山百代&岩田陽葵の声優育成科 in 早稲田

こんにちは、野分いちかです。

11月と言えば、大学の学祭シーズン!
ということで、少女☆歌劇レヴュースタァライトのメインキャストの小山さんと岩田さんが出演される早稲田大学の学祭のイベントに参加してきました。

f:id:nowaki-ichi:20181120212642j:plain

イベント概要

イベント名: 小山百代&岩田陽葵の声優育成科 in 早稲田
日時:2018年11月4日(日)11:00
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 10号館109教室
出演:小山百代、岩田陽葵

開幕

教室の蛍光灯が消えて、真っ暗になった後、ミニ朗読劇からスタート。

内容は大学一年生で入学した手でいまだぼっちの小山さんがグループワークで誘った相手が、ギャルはるっぴ(大学1年生)という話でした。

まさか伝説のはるっぴがここで出てくるとは思わず、つかみはバッチリでした!


↓はるっぴを知らない人はラジオスタァライトの18回放送を聴くべし


そして、朗読劇が終わると、ステージの幕が開いて、おふたりの登場。
お揃いの服装で出てきて、双子コーデか何かと思っていたら、スカート以外は偶然ということでした。(かわいい)

イベント自体は大学の講義っぽく、コーナーが1限目から5限目ある形式でした。


1限目 自己紹介

軽く自己紹介してすぐ終わりました(もう覚えてない)


2限目 2択クイズ

答えが早稲田大学 or 慶應義塾大学になるクイズが全8問出題。3問以上不正解で罰ゲームというもの。

岩田さんは今年の4月に慶応義塾大学を卒業というのもあり、この2択になった模様。

話の流れで、スタァライトのイベントや生放送でおなじみのSEおじさんは早稲田大学出身というのが判明しました。


覚えている問題(答えは忘れました)

  • 早稲田と慶応のどちらが歴史が長い?
  • バンドリの舞台のモデルになったのはどちらの大学周辺?
  • 社長が多いのはどちらの大学のOB?
  • 女子率が高いのはどちらの大学?

結果は2問不正解で罰ゲーム回避となるところが、カンペ「罰ゲームしたい?」ということで、無理やり罰ゲームをする流れに。

罰ゲームは事前に用意された台本を読むというものでした。


  • 小山さん

後輩キャラで先輩を励ますシチュエーションで大隈重信の格言をアレンジしたセリフでした。以下が元ネタの大隈重信の格言。

諸君は必ず失敗する。 成功があるかもしれませんけど、成功より失敗が多い。 失敗に落胆しなさるな。失敗に打ち勝たねばならぬ。


  • 岩田さん

テンプレツンデレ同級生の設定で、シチュエーションはホワイトデーのお返しの話でした。

岩田さんのツンデレ同級生がホワイトデーのお返しがないことを怒っているところで、お返しに夜景に行こうと誘われたという感じ。

完全にオリジナルで、声優文化研究会の中の人の趣味を感じました。とりあえず、ツンデレを演じているはるちゃんがとてもかわいい。


3限目 美術の時間

美術の時間と言うことで、色紙にお題に沿った絵を描くコーナー。描いた色紙は後で会場の参加者にプレゼント抽選とのこと。

1枚目 描く人:岩田さん お題:小山さんの似顔絵

目がぎょろっとしてる感じ。

2枚目 描く人:小山さん お題:岩田さんの似顔絵

なぜが横顔を描く小山さん。

3枚目 描く人:岩田さん お題:リケジョの露崎まひる

こだわりポイントは触覚が直線、メガネをかけて純那のポーズ。

小山さん「その口、ナイキのマーク?」

4枚目 描く人:小山さん お題:ワセジョの愛城華恋

ワセジョの特徴が分からない小山さん(会場も誰も分からない模様)

絵はガタイがよくて、「わせだ(女)」と書かれた本を持った華恋ちゃん。 とりあえず、キャラの隣に「わせだー!!」って描いてワセジョ感を出す小山さん。


(それぞれの色紙はプレゼントされましたが、プレゼントの画像はSNSにアップロード禁止のため、画像はないです)


4限目 朗読劇

スタンドマイクを用意して、朗読劇のスタート。

ストーリーはシンデレラのパロディでガラスの靴の代わりにバトンをいう構成。

主人公(シンデレラ?)は岩田さんで、ナレーションとお姫様は小山さんが演じました(王子様はお姫様に改変されてました)

舞踏会に参加した主人公はバトンを披露!

ということで、そのシーンでは岩田さんがバトンを実際に披露するというサプライズ!(企画者に拍手)

岩田さんの素敵なバトンさばきを生で観られて感動でした!最後、空中に投げてキャッチは失敗してしまいましたが、可愛かったのでOKです。

そして、その見事なバトンさばきにお姫様は魅了されましたが、主人公は12時になり、帰り際にバトンを落としてしまうという展開。

お姫様はそのバトンで、バトンが上手いものを探すという流れで、もう一度、岩田さんのバトン披露!

無事、今回は最後のキャッチも成功して完璧でした!(ありがとうございますありがとうございます)

そして、最後にはるきとお姫様は結婚しました?チャンチャン 


5限目 ふつおたコーナー

事前に募集していたメールに対する質問に答えるコーナー。

  • 大学で講義をするなら何?
  • スタァライトされて卒業試験の勉強ができません。どうしたらいいですか?
  • パン部どうですか?
  • 5話のまひる回好きです。お二人の目指すキャスト像は?
  • お互いの尊敬しているところは?  小山さん:練習の女神  岩田さん:すぐに人の顔と名前を覚える
  • 自撮りを合わせにいく  写真を撮るときにタイマーを仕掛けると、岩田さんが残り1秒くらいで小山さんに合わせにいく

(肝心の答えを忘れてしまっている体たらくですみません。。)


色紙の抽選会

くじでさっき描いた色紙を4人にプレゼント(当然、当たらない)


最後の挨拶

  • 小山さん
     大学にあまり行っていなかった(3,4か月は行った)ので、今回早稲田大学の学祭に来て、大学を感じました。的なコメントしてました。

  • 岩田さん
     スタッフに拍手!


感想

小山さんと岩田さんおふたりの仲の良さをとても感じるイベントでした! 学祭の声優イベントとしてはコーナーも充実していて、終始楽しいイベントでした。 特に岩田さんのバトンを生で観られたのがとても良かったです(バトンを手渡すスタッフが白手袋していて厳重すぎて少し笑いました)



はじめました

はじめまして、野分いちかと申します。

 

最初なので、まず自己紹介をしたいと思います。

 

■名前

 野分いちか(のわきいちか)

 

■超略歴

 福岡県出身。大学から京都へ。その後、東京で就職し、現在はシステムエンジニア。

 

■好きなもの

 アニメ観賞、アニメ関連のイベント参加です。

 近頃の好きなアニメは少女☆歌劇レヴュースタァライト、ラブライブ!シリーズです。最近はもっぱらスタァライトされています。

 また、イベントについても東京に来てから、アニサマに参加してからというもの、様々なイベントに参加するようになりました。主に、上記作品のイベントや声優さんのライブなどに参加しています。

 このブログでは自分の好きな作品やイベントについて雑多に書いていこうと思います!

 

■ブログを始めたきっかけ

 「データになっていなければ、存在していない」某Microsoftのイベントでその言葉を目にして、とてもその通りだと感じました。毎年何千のアニメや声優さんのイベントが開催されていますが、その中でデータとして残るものは限られた一握りです。そこで何らかの形で残したいと思い、このブログを作ることにしました。

f:id:nowaki-ichi:20181111221615j:plain
  

 

それではよろしくお願いします。