【感想】【爆走おとな小学生】 第八回課外授業 『CRIMINAL』

明けましておめでとうございます、野分一夏です。

いつの間にか2018年が終わり、2019年になっていました。ブログを開設してから、色々とイベントに参加していたにも関わらず、感想を書けてない状態だったので、今年は心機一転、イベントに参加した日のうちに感想の記事を書くことを目標にやっていこうと思います!

というわけで、2019年の最初は、富田麻帆さんが出演されている爆走おとな小学生さんの舞台『CRIMINAL』を観てきました。

f:id:nowaki_ichika:20190430121107j:plain

イベント概要

イベント名: 【爆走おとな小学生】 第八回課外授業 『CRIMINAL』
日時:2019年1月6日(日)16:30 ※千秋楽公演
会場:新宿村LIVE
出演:川隅美慎、河原田巧也、栞菜、吉村駿作、あかり、野々宮ミカ白石みずほ、新井雄也、斧口智彦、重友健治、こうのゆうか、林千浪、山田裕太、永田彬、富田麻帆、足立英昭、髙木俊

あらすじ

以下、公式サイトのあらすじです。

ある日一ノ瀬百合という女性が殺害された。

「優人…百合が…!」

その一本の電話で動き始める、2人の運命の歯車。

犯人を追うに連れ、新たに繋がり始める2つの事件。

真犯人は誰なのか。その目的とは一体…。

謎と裏切りを重ねたサスペンス!

「人が人でいられなくなる瞬間って知ってるか…?」

引用元 CRIMINAL|爆走おとな小学生

あらすじにある通り、一ノ瀬百合が殺害された事件と女学生連続殺人事件の2つの事件の真相を突き止めるサスペンスでした。

いろいろ感想

全然犯人が分からず最後まで楽しめました。
犯人が左利きというところから、誰が左利きか気にしながら観てましたが、ボールを投げ返すシーンは日替わりっぽいやり取りに笑ってスルーしてました。。
今回、千秋楽のみ観劇だったのですが、これは2回観たかったと思いました。真相が分かった上で、答え合わせしながら観て楽しみたかった。。(DVDを買いましょう)

個人的に「人は心の奥では何を考えているかは分からない。上辺だけで一喜一憂してる」みたいなセリフが刺さりました(うろ覚え)。日常生活では物語のように裏切られることはないですが、そうだよなぁと同意の気持ちになりました。人の心は分からないので、これからも上辺だけで一喜一憂していくんだなぁ

富田麻帆さんの演じている役が女子大学生の一般人で新鮮でした笑 天堂真矢以外で麻帆さんを舞台で観たのが、『こっちにおいで、ジョセフィーヌ』や『勇者セイヤンの物語』で、テンションが壊れたパワフルなお母ちゃんのイメージが強かったので。 麻帆さんの演じる女子大生は清楚でいい子で可愛かったです。

あと、日替わりネタのヤクルトのくだりがめちゃくちゃ面白かったです!ストーリー自体が重い感じなので、日替わりコーナーでの笑いがいいアクセントになっていて良かったです。

最後に

ダブルカーテンコールの挨拶で二面性の話が印象に残りました。二面性がある人は魅力的という話だったのですが、役者の方が魅力的なのはそれがあるんだろうなと改めて思いました。舞台の役を演じているときと、カーテンコールでの素のときで、まさに今、二面性があるなぁと思いながら聞いてました。
いろいろと考えさせられるものがあり、2019年の最初の舞台がCRIMINALで良かったと思います!今年もいろいろな舞台を観ていきたい気持ちになりました!素敵な舞台ありがとうございました!