【感想】五反田タイガー 5th Stage『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』

こんにちは、野分一夏です。

というわけで、富田麻帆さんが出演されている五反田タイガーさんの舞台『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』を観てきました(導入が雑)

f:id:nowaki_ichika:20190430121359j:plain

イベント概要

イベント名: 五反田タイガー 5th Stage『OH,MY GODDESS!!〜あなたが望むなら〜』
日時:2019年1月20日(日)16:00 ※千秋楽公演
会場:銀座博品館劇場
出演:東ななえ、清水麻璃亜高橋胡桃軽辺るか、齋藤里佳子、小嶋菜月竹内舞岡本尚子、梨子、村野真菜、平口みゆき、伴優香、富田麻帆、他

あらすじ

以下、チラシビジュアルからのあらすじ(抜粋)です。

ある日、アベフチ・カムイが人間界から一人の少女を連れてやってくる。

その少女は「私も女神になりたい‼」

女神たちに強く憧れる彼女に、手取り足取り「神とは?」と、教える女性神たち。

そんな時、イタズラのつもりでうっかり彼女を石にしてしまったメデューサ!!!

女神たちは大慌て!!

性神たちは少女を元に戻し人間界に送り返すことができるのか!?

引用元 5th Stage『OH,MY GODDESS‼︎〜あなたが望むなら〜』チラシビジュアル公開‼︎

あらすじにある通り、女神たちのドタバタコメディストーリー!

と、思ってしまいますが、なんとそうではありません!!!観た人は分かりますが、本編の物語は全然違っていたので、このあらすじをみて驚きました。
メデューサさん、絶対イタズラとかしない暗い感じの役でしたし!(あのキャラでイタズラするメデューサさんは見てみたい)
本当はどんな話だったか気になる方はDVDを買いましょう(謎の宣伝)

開演前

博品館劇場に到着して中に入ると、まず熱気がすごかったです。
ロビーに人が溢れていていて、物販や缶バッジガチャなどで並んでいる人や話している人が多くて、とても賑わっているのを感じました!
そして、開演前の前説では、ペンライトを客席に売りにきて、ライブを披露する一連の流れが勢いがあって、新鮮でした。というか、前説で歌い始めるのに驚きました!(前説とは一体)

本編

ドタバタ感が本当にすごい!あらすじにあるドタバタ成分は本物でした笑 そして、熱くて勢いがありました!
博品館劇場のステージに30人くらいのキャストがいるだけで、わちゃわちゃ感が強いのに、話の流れも同じネタを何回も重ねてきて笑わせてくるので、勢いがハンパなかったです!
よく分からないですが、初めて観るのに体力が必要な気がした舞台でした。それくらい、盛りだくさんな感じでした(歌やダンスもありましたし)

物語はそれぞれの女神の登場シーンでドタバタしつつ、メデューサの正体が徐々に明かされていくシリアスな展開のバランスがよくて、とても面白かったです!
正直、泣くとは思っていなかったのですが、「あなたが望むなら」のタイトルを回収するシーンは涙が流れてました。個人的に救いの物語が好きなのですが、そのパターンにしっかりハマってグッと来てしまいました。
特に、メデューサに救いを求めさせるところがとても好きです。「信じる者は救われる」という言葉の通り、自分を「信じる」ことでメデューサが救われたのが本当に良かったです!

富田麻帆さんのヘルメスは選択の女神ということで、「あなたが望むなら」を言う前のシーンで、うなだれるメデューサに座りながら語りかけているシーンが印象的でした。メデューサに寄り添いながらも、「信じる」という選択をメデューサ自身にさせるバランス感が良かったです。
そして、ダンスのキレがヤバい!スタァライトでは観ないような激しいダンスでしたが、自分の身体を意のままに動かしてる感がすごかったです。

あと、ヴァルキューレさんが翼取られてみんなでダンス→アストレア一人でダンスの流れは分かっていても面白かったです笑

最後に

カーテンコールでは、五反田タイガーさんのアットホーム感にほっこりしてました。今回、五反田タイガーさんの舞台は初めてだったのですが、とてもいい劇団だと感じました!
パンフレットに「信じる」がテーマと書かれていたのですが、そのテーマがしっかり伝わる素敵な舞台でした!ありがとうございました!