【感想】舞台「双牙~ソウガ~」新炎

こんにちは、おはようございます、こんばんは、野分一夏です。


というわけで、舞台「双牙~ソウガ~」新炎を観てきました! ので感想書きます。 とりあえず、勢いで書いているので、あとでゆっくり修正しようと思います。

感想

オウカとツムギをはじめとして、各々の登場人物が持つまっすぐで強い想いに、心揺さぶられる、本当に熱い素敵な舞台でした! 一人一人が熱い想いを持って、戦国の世を生き抜く姿、そして、その想いを誰かに託して繋いでいく物語に心打たれました。 オウカとツムギが道を違えてからの話の収め方は、王道なストーリーですが、変にひねりがない分、ストレートに刺さって、感動しました。

殺陣はパルクールの要素を取り入れたということで、平面的だけでなく、立体的な動きが多くて、迫力満点で格好良くて驚きました! 身長くらいあるところから飛び降りたり、台を飛び移って移動したりと、少し心配になるくらい動きなのですが、それを殺陣で人を斬りながら、格好良く駆け回る姿が本当に素敵でした!

各役およびキャストについて


オウカ 役 猪野広樹さん

オウカは強くて格好良くてまっすぐで、少しガラが悪くて、面白くて好きです。 殺陣の速さや迫力に驚いて、「椎名の矛」という通り名がなくとも、その強さが見た目に分かる殺陣の説得力が凄かったです。敵から刀を奪って、二刀流でブンブン刀を振るっている姿が個人的に好きです。

そして、表情が豊かで見ていて面白いです。 目つきの鋭い不機嫌な顔、シズクが登場して緩くなるところのギャップが好きです。 シズクに花を渡すくだりは観ていてほっこりしています。 そして、面白さもあって、回想シーンでのもぐらたたき?でふざけるところやシュリノスケを笑わせる日替わりでは、毎回笑わせていただいてます。コッペパン握り始めたのは最高でした笑

あと、最後のシーンの階段を登る前の表情が胸いっぱいというか感無量というのが伝わってきて、みんなの想いを背負うオウカにグッときました。


ツムギ 役 伊崎龍次郎さん

まず、笑顔が似合う好青年的で、話し方のトーンで、自然に知的な軍師という印象がスッと入ってきました。 穏やかで安心感のある声が心地よくて好きです。 姉さんとのやり取りは微笑ましさありつつ、大切に想う気持ちも伝わってきました。

ヒャクタカが登場したときのツッコミで「貴重な時間を無駄にしてしまった」がキレがあって好きです笑 ヒャクタカの肩を押すところでは、格好良く壁ドン決めるところがコミカルで面白いです。

そして、オウカと道を違えて、冷酷で非情になった後は、観ていて怒りを覚えて、まさにオウカの「みんなの怒りがお前に向いている」の状態でした。いつもの穏やかな感じがあるからこそ、非情さが際立ってました。

そして、オウカに刺された後、元のツムギの表情と声に戻るところで、涙腺をやられました。道を違えた二人がここで再会して、想いを託す光景は本当に心に響きました。


シュリノスケ 役 杉江大志さん

普段の感じとスイッチが入ったときのギャップが好きで、声の感じがとてもシュリノスケにぴったりに思います。普段の少し弱々しさを感じる声が特に合っていると思います。そして、スイッチが入った時は、音楽とあいまって、格好良さがマシマシで、テンションが上がります! 殺陣では、頭突きや蹴りが多くて、荒々しい力強さがあって、大切なものを守るときはオウカよりも強いというのが文字通りで、動きの激しさに見とれています。

そして、ヒャクタカとのやり取りは細やかなで丁寧なツッコミが好きです笑 ヒャクタカ自体が面白くてずるい存在ですが、その面白さを引き出していると思います。個人的にヒャクハトの罵りがお気に入りです笑

ラストのコウエイとの戦いでは、自分で覚悟を決めて戦う姿が、本当に格好良かったです。ツムギを守るという気迫がすごくて、心が震えました。


シュゼン 役 櫻井圭登さん

ツムギのせいで、割を食っている印象ですが、シュゼンも十分優秀ですよね。 自分の油断を認められたり、オウカをゲンシュウ軍に引き入れたり、やっていることが間違っていなくて、その賢さが気持ち良かったです。城攻め入らないことをシンパチにビビりと罵られても、こらえる冷静が好きです。

ただ、勝ちを確信したときにひっくり返されて、判断が裏目に出たことに、声を荒げて取り乱すシュゼンの姿は痛々しかったです。心の折れる音が聞こえるような演技で強く印象に残っています。

そして、最後にデンベイと会話するところでのツムギの功績を認めるシュゼンの表情が良かったです。しっかりツムギの策を汲み取っていて、軍師として戦ったもの同士のつながりを感じて好きです。


シンパチ 役 中村太郎さん

シンパチはもう可愛くて好きです。 シュゼンに見放されて、拗ねて酒に溺れてしまう弱さがあるところが可愛いです。 酔っぱらっているときの「お前にはかーん、けー、なーい」「やっぱりツムギだよなあ」とか面白くて本当に愛らしいです。

そして、水攻めからシュゼンを助けて、心の折れたシュゼンを立ち直らせるところは、シンパチのまっすぐさがとても心に沁みます。シンパチ自体、物語始まってから不遇なのに、拗ねるものの腐らないまっすぐさが、シュゼンに届くのが本当に好きです。

シュゼンに「お前とてなくてはならぬ人間だ!」と言われた後の「当たり前だあ!!」がもう本当に嬉しそうで、シンパチはずっとこの言葉を待っていたと思うと、涙があふれてきます。

シュゼンを守る戦いは、鬼気迫る感じで戦い抜いていて、最後の散り際まで格好良かったです。


コウエイ 役 田中尚輝さん

オープニングの後の戦いでの、パルクールを取り入れた殺陣で、身のこなしが軽やかで飛び回る姿に驚きました!

そして、オウカに対して、目をキラキラさせるコウエイがとても良かったです。コウエイを通じて、オウカの魅力がとても伝わってきたと思います。 オウカとの関係性の変化が好きで、最初は「勝手に賭けんな」とつっけんどんな態度だったのが、戦いを重ねて信頼を得て、笑いあっている姿にじんときました。

シュリノスケとの戦いは、意地と意地とのぶつかり合いに、胸がいっぱいになりました。「オウカの邪魔はさせない!」と叫ぶ声につまっている熱さが心に響きました。 最後の方は、お互いにすでに死んでいるのに、意地だけで身体を動かしている状態で、最後の一撃の音が「ペシィ」と弱く響くのが、儚くて良かったです。


ヒャクタカ 役 小玉久仁子さん

ヒャクタカは面白すぎてズルいです笑 見た目に動きに話し方と、どれも面白くて、観ていて本当に飽きないです。

ヒャクタカの登場シーンは、割と長めの場面だと思うのですが、最初から最後まで面白いです。アドリブも、ツムギの肩を押すところで格好良くお願いするように言ったり ダメージを受けてキュウジュウキュウタカになったり、センスが良くて、毎回笑っています。忍法を使おうとするところで領域展開しようとしたのはツボでした笑

ただ、面白いだけでなく、シリアスもできて、水責めの後の「承知...」は、普段のテンション感からの違いで、ツムギがとんでもないことをしてしまった感が出てて良かったです。 最後にも登場して、オウカに花を渡したり、ツムギを呼んだりと、いいところを持っていって、さすが忍者でした。

割と仕事はきちんとこなして、変化の術も使えたりするので、あながち、忍者界では伝説的人物というのも、間違いでない気がしてくるのが好きです。


殺陣衆 宮川康裕さん、菅原健志さん、寒川祥吾さん、前田りょうがさん、相田真滉さん、川島翔太郎さん、深澤悠斗さん、古川貴大さん、遠藤拓海さん

殺陣衆の皆さんは、殺陣だけでなく、色んな軍勢や酔っ払いに着替えたり、舞台装置を移動したりなど、やることが多くて大変に思うのですが、きっちりこなしていて、見事でした。

そして、パルクール要素のある殺陣は、狭い台の上で戦ったり、斬られて台の上から落ちたり、と殺陣衆の動きもすごくて格好いいです。

酔っ払いの場面では、町民としての動きが面白くて好きです。ヒャクタカやシンパチのノリに合わせて、みんなで盛り上がるところは観ていてこちらも楽しくなります。 また、横の方でひそかにお酒をかけあったり、シンパチを介抱してたら殴られたり、細かいところでコミカルな動きをしていて、いろいろ目線を移すと面白いです。


シズク/ユズハ 役 小泉萌香さん

オウカが「くぅ~」と唸ってしまうのも納得のお姿とお心の美しさで、オウカの言う通り、舞台に咲き乱れる一輪の花でした!

シズクは、姉としてのツムギを想う心と、ユズハから託された椎名を守る約束で、板挟みになる苦しさが伝わってくる素敵な演技でした。特に最後の戦いの前の、オウカとの会話での最後の「ツムギ…」には、覚悟したものの姉としてツムギを想う気持ちがつまっていて心に響きました。

そして、シズクだけでなくユズハも演じる一人二役で、少し驚きでしたが、ふたりの演じ分けが上手くて、似ているけど違う人と舞台上で認識できて、違和感がなくて自然で良かったです。ユズハの登場シーンで最初の「ツムギ」の一言で、シズクとは違うと分かりました。過去の回想では、シズクとユズハの会話が発生していますが、そこも特に混乱することもなく、スッと頭に入ってきて、演じ分けが本当に見事でした。


デンベイ 役 萩野崇さん

話し方が独特で、そこからただ者ではないことが一目で分かるのが素敵でした。デンベイ自体のエピソードはあまり出てこないですが、回想含めたツムギやオウカとのやり取りから、すごい人であることが伝わってきました。

ひょうひょうとしているところもありつつ、締めるとこははしっかり締めて、ツムギやシュリノスケを導こうとするところが良かったです。 ひょうひょうとしているところでは、ツムギのすねを打って止めるところや過去の回想でシュリノスケやオウカとおちゃらけているのが、面白くて好きです。

戦いが始まってからは、ツムギの冷酷な対応を、冷静に受け止め、家来を諫めていて、器の大きさを感じました。水攻め後は、目上の立場なのにツムギに対して膝をついて真意を問う姿に、「あとは任せましたよ」とツムギも少し本音をこぼしてしまうのが好きです。


ゲンシュウ 役 笠原紳司さん

ゲンシュウは出で立ちに声の迫力と、魔王と呼ばれるにふさわしくて、自ら前線に乗り込み刀を振るうところが格好良くて本当好きです。しっかり凄みがあって、オウカも「ゲンシュウには勝てない」と言わせるのも納得でした。

話し方もクセがあって、「なーにぃー」「おのれがツームーギー」など、もう少しクセ強くなると面白くなるのを手前で止めた感じのあんばいが、普通から外れたところにある強さを感じて良かったです。 あと、「泥をかぶったわ」と言いながら、ぐるんぐるんしてるとこは格好良いんですが、少し可愛くて好きです。

最後にオウカに対して、感謝と激励するシーンがめちゃくちゃ好きです。 あのゲンシュウ様が膝をついて顔を近づけ、オウカの夢である椎名の再興を為せと、声をかけて、オウカ自身もそうですが、観ていてこちらも胸がいっぱいになります。ゲンシュウの心からの信頼を感じて、この時点でツムギの最後の策の成就が分かって、本当に嬉しくて、涙してしまいます。

しかも、その後、カーテンコールで一人一人登場するところで、笠原さんが膝をついて礼をしていて、それを観てまた泣いてます。本当にゲンシュウ様好きです。


まとめ

今回、一部公演が中止になってしまうような難しい状況下で、こうして熱い想いにあふれた格好良い舞台を生で観られたことが本当に嬉しいです。

色々と大変に大変が重なっている状況で、この舞台を届けていただいているキャスト、スタッフの方々には感謝しかないです。本当にありがとうございます。



公演概要

公演名:舞台「双牙~ソウガ~」新炎
日時:2021年3月5日(金)〜3月14日(日)
会場:シアター1010
演出:町田慎吾
脚本:羽仁修
殺陣:六本木康弘
パルクール演出:HAYATE
音楽:TAKA
メインビジュアルイラスト:ワカマツカオリ
主催・制作:トライフルエンターテインメント
公式サイト:https://trifle-stage.com/souga2021/